【冷え性のあなたへ】身体を温める飲み物 その2

こんばんは

千葉のフィットネスインストラクターの稲葉です。

私のブログを見ていただきありがとうございます。

 

先ほどのブログの続きです。

 

身体を温める飲み物  その2 】 

5.リンゴとニンジンのミックスジュース

身体の冷えを予防するといわれるリンゴとニンジンを、一緒に摂取することで、身体を温める効果がより高まります。

漢方医学では、食べ物を「陽性」と「陰性」に分けて考えています。「陽性」の食べ物は、身体の新陳代謝を高めるため、身体を温めるといわれています。「陰性」の食べ物は、鎮静・消炎作用がある一方、身体を冷やすといわれています。

陽性の食べ物は、果物では、リンゴのほか、ミカン、ドライフルーツなどがあり、野菜ではニンジン、ゴボウ、カボチャ、ネギ、玉ねぎ、ほうれん草、ニンニクなどがあります。
ジュースにして飲む場合、これらの陽性の食べ物を選ぶといいですね。

ただし、冷やして飲むと体温が奪われてしまうので、できるだけ常温、もしくはホットスムージーなどにして飲んでみるといいでしょう。

ちなみにこのリンゴとニンジンのミックスジュースは、レモンを少し加えることで、ビタミンの吸収を促すと同時に、飲みやすくなります。

6.ホットワイン

ホットワインも、身体を温める効果があるといわれる飲み物です。

ホットワインは、赤ワインにシナモン、クローブ、カルダモン、オレンジ、黒糖またはハチミツを加えて作ります。

お酒が苦手な人は、少し沸騰させてアルコールを飛ばすと良いでしょう。甘いのが苦手な人は、黒糖やハチミツの量を減らしてください。

ちょっと身体が冷えたなと思ったときに飲むとリラックスできて、身体も温まるのでオススメです。

7.梅醤番茶

梅醤番茶とは、番茶に梅干しを入れた飲み物です。

梅干しには身体を温める効果があるといわれているため、冷え性の人にはオススメの飲み物です。

また、梅干しには解毒・殺菌作用もあるといわれています。身体の毒素や水分の排出に役立ちます。

冷え性改善だけでなく、健康効果も期待できる飲み物といえます。

8.ほうじ茶

紅茶と同様に、お茶の葉を発酵させたほうじ茶。ほうじ茶に含まれている「ピラジン」という成分が、血液のめぐりを促進して、身体を温めてくれるといわれています。

またカフェインも少ないのでリラックス効果も。就寝前でも飲めるのはうれしいですね。

ほうじ茶には、生姜や黒砂糖を入れてアレンジして飲むのもおすすめですよ。

 

⚫最後に

 

またまた4っご紹介しました。

私は6.ホットワイン7.梅醤番茶が気になります。

作ってみます。

飲んだら、またその感想を投稿しますね。

お酒飲まないのにホットワインは

少しハードル高いですね。

 

身体が温まるいろんな飲み物を

ご紹介しています。

 

そのなかであなたに1番効果のある物を

見つけてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

友だち追加
LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40kazumigustare

Gustareグスターレ でも検索できます

 

☆☆☆ 教室のご案内 ☆☆☆

⚫日曜サークル
7.14.21日曜 日曜 11:00~12:00
宮下スポーツクラブ

⚫エアロストレッチ
毎週金曜 10:30~11:40
清見台公民館

⚫ZUMBAサークル
16.30日 火曜日 19:00~20:00
宮下スポーツクラブ

出張レッスン、パーソナルレッスンも承ります。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください