【ストレッチーズ®】ピラティス

 

こんにちは。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

12日の日曜日にストレッチーズ®の資格を取ってきました。

9月からのピラティス教室ではこちらのストレッチーズ®と筋膜リリースを行っていきます。

私の地元近郊ではまだなじみのないプログラムなので、今日はストレッチーズ®のご紹介をさせていただきます。

ストレッチーズ®とは?

ストレッチーズ®?

聞きなれない言葉だと思います。まずは、どこでできたのかお話します。

ストレッチーズ®ってどこでできたの?

 

「Stretch-eze®」ストレッチーズ®は米国のセラピストでダンサーだったダイナミック・ムーブメント社のCEOであるキンバリー・ダイという女性によって作られたプログラムです。

そして、使うのは伸縮性のある特殊な布でできていて、輪に縫い合わされているものです。このエクササイズツール使ったマットプログラムです。この布地の幅は約38cm、これを使うことにより、身体の奥の筋肉が使われ、身体全体が繋がっていることや、布を使ったことによる心地よさなどを感じることができます。

布の張りを保ちながらのエクササイズは、自然とお腹への意識が入ります。インナーマッスルや筋肉を伸ばしながらなどしないのコントロールが必要です。

いつものマットプログラムがこのストレッチーズ®を使うことで劇的に変化します。

ストレッチーズ®を使うプラスの効果は?

 

一番はストレッチーズ®の肌触りです。実際に触っていただくとわかるのですが、とても気持ちの良い布でできています。

このストレッチーズ®の心地よさは感覚フィードバックとなり、正しい姿勢や適切なフォームへと導いてくれます。注意するポイントやどこを使って動くのか、大切なところをストレッチーズ®が教えてくれます。

また、マミーのポーズのようなリラックスできるエクササイズは、なかなかありません。それは、まるで繭の中にいるような包まれた感覚です。スタジオの中にいるのにプライベートな空間を感じることでリラックス効果がさらに高まります。私は、初めてマミーのポーズを体験した時、あまりにも心地よすぎて一瞬寝てしまいました。それぐらいリラックスできるエクササイズです。

他には、自力では難しいエクササイズもストレッチーズ®がサポートしてくれます。できないエクササイズができるようになるんです。苦手なロールアップができるようになります。すごくないですか?

マットでマシンピラティスなみのエクササイズ効果を得ることができます。

このプログラムを続けることで、最終的には痛みがなく、快適な身体をを手に入れることができます。

また、ゆくゆくはピラティスマシンを使って上級のエクササイズの練習やスキルアップのための助けになります。

ストレッチーズ®はすべての方が対象です

 

セラピストであったキンバリー・ダイの洞察力からできたストレッチーズ®は、リハビリやストレッチ、いろいろなジャンルの運動やエクササイズに使えます。

ストレッチーズ®の使い方では、サポートにも使えますし、チャレンジのトレーニングにも使えます。輪になっている布のサイズも身長によって分けられています。

XS→→身長122-140cm
S→→→身長140-157cm
M→→→身長155-170cm
L→→→身長170-180cm
XL→→身長180cm以上

 

XSは子供サイズです。XSからXLまであるのでお子様から高齢の方までこのプログラムに参加することができます。

ストレッチーズ®がおススメの方は?

 

1、ビギナー・ピラティス初心者

2、全般的にフォームやテクニックを改善したい方

3、筋肉の過緊張、低緊張の方

4、けがからの回復期にある方

5、ピラティスの上級者でさらにレベルアップしたい方

ストレッチーズ®マットエクササイズ基礎編

シンプルなピラティスエクササイズ

 

ストレッチーズ®を使って、シンプルなピラティスエクササイズを行います。

通常のピラティスのベーシッククラスのエクササイズだと思っていただけると想像がつきやすいと思います。。

ただ、布の巻き方や使い方で同じエクササイズの強度や身体へのアプローチ、感じ方が変わります。

私は、この変化に驚きました。布の巻き方で身体への感じ方が変わるんです。いやいや、びっくりですよ。ですから、1つのエクササイズによっては3・4種類のバリエーションがあります。

ポジションもあおむけ、うつ伏せ、座位、立位と様々です。横向きもありました。

基礎編のエクササイズは80種類ほどあります。

どれを選ぶか、目的によって変わってきます。テンション上がります!私だけかな?

ストレッチーズ®のレッスン時間は?

 

レッスンする方の目的や参加者の方々のご希望などによって様々です。

などに30分から60分ぐらいが一般的ですね。

またレッスン内容も、ストレッチのプログラムと組み合わせてストレッチーズ®を取り入れたり、通常のピラティスのレッスンの中にストレッチーズ®を少しだけ取り入れたり、またはすべてのエクササイズをストレッチーズ®にしてみたり。様々です。

私が9月から行うピラティス教室では、筋膜リリースをしてから、すべてのエクササイズにストレッチーズ®を使用する、スタンダードなストレッチーズ®のクラスになります。

番外編

かずみあるある→今回も迷う

 

ワークショップや講習を受けに行く際、会場になかなかたどり着けない私。

今回も,駅近なのに迷いました。

いつも迷うので、今回はGoogleMapをダウンロード。万全の準備で臨みました。

時間にも余裕をもって、茅ヶ崎駅に開始40分前に着くという偉業!

「今日はいつもの私とは違う」「ふふふっ」

なんて思いながら、会場の住所をGoogleMapに入力。指示通りに進んでいきました。

が、途中で???「おかしい」

GoogleMapではすごく遠いイトーヨーカドーに着いてしまいました。

「おかしい」「どうしよう」

再度、住所を入力してGoogleMapの指示通り歩きます。着きました。でも、会場じゃない。

私は汗かきながら、その辺をうろうろ。

そうしたら、知らないお兄さんが声をかけてくれました。

「どうしました?」

「ここに行きたいんですけど、迷ってしまって・・・」

「どこですか?」

なんて優しい言葉をかけてくれました。住所を言うと、ポケットからスマホを出して、たぶん私と同じGoogleMap。スマホを見ながら案内してくれるんです。優しい!ありがとう!

お兄さんの後をついていきながら、少し会話。時間にすると2.3分のことです。

「私、新しいところへ行くときは、必ず迷うんです。初めましての地元の方に助けてもらうんです」

「そうなんですね」

「多分、助けてオーラが出ているんでしょうね」

「そうですね。でてました」

「やっぱり?」

「はい(笑)」

なんて会話をしていたら、GoogleMapを見ながら

「あ、ここですよ」

「わぁ~ありがとうございます」

無事に到着です。お兄さんありがとうございます。

ちなみにお兄さんは

美容師さんです。別れ際に、お兄さんのお店のチラシをいただきました。

優しい美容師さんのいる美容室です。お近くの方、行ってみてくださいね。

アトレ 茅ヶ崎店(美容室)

いつも道に迷って、時間ギリギリなのに余裕をもって会場に着きました。

ですから、精神的にも余裕が保てるように見えてますけど、いつもがっけぷちにおります。

今回はうまくいきました。気持ちに余裕があったので、ワークショップにも余裕があり、楽しめた要因の一つだと思います。

最後に・・・

ストレッチーズ®の個人的な感想

 

2年前に初めてストレッチーズ®を受けた時、布の高い効果に感動しました。私は元々、肩が上がる癖がありました。右肩も痛くて整形外科に通院していました。

それが60分のストレッチーズ®で緩和されたんです。肩は布に引っ張られるので自然に下がるんですね。

また、姿勢が整うので肩の痛みも弱くなりました。

こんなに身体が変わるんだと驚きました。

ずっとストレッチーズ®の勉強がしたいと思っていましたが、ほかのプログラムとの兼ね合いでなかなか都合がつかずに。結局、2年たってしまいました。

前回レッスンをうけてから時間が空いちゃったけど、ワークショップを受けてよかったと思いました。

今回のワークショップでは、通常のレッスンではわからなかったことや、知らなかったことがわかりました。布を張りながら行うとか、布の巻き方。ストレッチーズ®を使う意味や、目的。ここがしっかりわかっているとレッスンは進めやすいものになります。

実際、6時間弱ストレッチーズ®のエクササイズをしていると、否が応でも姿勢は整いますね。身体の軸が中心にあり、動きも良くなります。

ストレッチーズ®の可能性

 

マットピラティスを指導していて、あと一息でできるのに。って感じる場面が多々あります。その対策のためにタオルをお尻の下に入れてみたり、セラバンドを使ってみたり、スモールボールも使いました。いろんな小物を使った対応していましたが、ストレッチーズ®の登場でかゆいところに手が届くような状態です。それだけ素晴らしいエクササイズツールです。

できないエクササイズはできるようになります。できるエクササイズはもっとレベルが上がります。

参加者は身体に精通した人ばかり

今回の参加者は私を含めて3名。

インストラクターの私と理学療法士の彼。そして、フランクリンメソッドLvel.3までお持ちのアニメーターの方。皆さん、身体には精通しているので、職業あるあるで盛り上がりました。

普段は同業者のインストラクターとしか話をしないので、異業種の交流は嬉しいものでした。

また、指導してくださった松本先生も、わかりやすく教えてくださったので中身の濃い時間でした。

 

そのあとの写真撮影も楽しかったです。唯一の心残りは松本先生と写真を撮れなかったことです。次回は必ず一緒に撮ってもらおう!

など、長文になりました。

ストレッチーズ®のこと、わかっていただけましたか?

9月からの新しいクラスで導入します。どうぞ、よろしくお願いいたします。