食生活が乱れているあなたへ【基本に戻って3食食べましょう】

こんにちは。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

食生活が乱れているあなたへ

あなたはこんなこと、

思い当たることありませんか?

・好きなものだけ食べている。

・お酒ばかり飲んでいる。

・甘いものばかり食べている。

・おなかいっぱいになるまで食べなきゃ気がすまない。

・白飯が大好き!

・好き嫌いが多い。

・食事の時間がバラバラである。

あなたはいくつ当てはまりますか?

3つ当てはまる方は、食事が偏っています。

食生活が乱れているということです。

何を今更…

なんて思わないでくださいね。

ちょっと考えてみましょう!

あなたの身体は、あなたが口にするもので、食べているものでできています。

そして、あなたの身体はこの世に1つしかありません。

あなたの身体は、あなた自身が管理して大切に取り扱うべきなんです。

自分の身体ですよ。

大切に取り扱いましょう!

と、前置きが長くなりました。

本題に入ります。

基本に戻って3食食べましょう

はじめに謝ります。

ごめんなさい🙏

私、今までブログで食事のことについて色々書いてきました。

私自身、様々なダイエット法や食事法をためしてきました。

で、最近思ったんです。

「基本に戻ろう」

って。

シンプルに3食食べる食生活が1番自然だなと。

なので、今まで食事についてワーワー言っておりましたが、訂正いたします。

基本に戻って3食食べましょう

3食食べる3つのルール

先日食べたお肉です🎵

ご飯は1日3回食べます。

その中でもこの3つは守って欲しい!

という、ルールがあります。

1日に必要なタンパク質をとる!

1日に必要な糖質を考える

腹八分目にする

この3つです。

では、少し詳しくいきましょう。

あなたに必要な1日のタンパク質をとりましょう

タンパク質が必要な話はブログで何度も何度もしています。

ですから、必要性の話はここではしません。

あ、サラッとね。

人間の身体の細胞、髪の毛、お肌、全てタンパク質からできています。だから、タンパク質をとりましょう。

一般的な和食ですと、ご飯に味噌汁、おかず類となるのでタンパク質は少なめの食事になります。

和食は、意識して食べないと1日に必要な量を食事でとることが難しいんです。

なので、私はタンパク質!タンパク質!と言っています。

一般的な方は

体重×1.2g=1日に必要性タンパク質の量(g)

です。

体重50㌔の方が1日に必要なタンパク質は

50×1.2=60g

となります。

こんな感じで、あなたに必要なタンパク質を計算してくださいね。

で、できるだけ必要なタンパク質を食事でとりましょう。

無理だったらプロテインかな?

ちなみに、プロテイン飲んでも太りませんよ。

あなたに必要な1日の糖質を考えましょう

ご飯が大好きな方、多いですよね。

新米が出ると、さらにその思いも食欲も加速します。

欲望の赴くままに食べているとたいへんなことになります。

とですから、あなたに必要と糖質の量を考えましょう。

ざっくりとではなく、具体的に。

一般の方だと

5~7g/ kg 体重/日

を目安にしていただくと良いでしょう。

体重60kgの方が1日に必要な糖質量は

60×5=300  と  60×7=420  になるので

300~420gとなります。

糖質は炭水化物だけではないので、いも類や果物、砂糖なんかも含まれます。

1日のエネルギー量も考慮して考えてみてください。

下の表をあなたの状況に当てはめて考えましょう。


食事は腹八分を目安に考えよう

おいしくてつい食べすぎてしまう。

なんてことのないように、腹八分で食事の量を抑えていきましょう。

ネズミの実験では、好きなだけ餌を食べていたネズミと、腹八分で餌の量を抑えられていたネズミとは寿命はかなり違っていたようです。

腹八分のネズミのほうが長生きだったんですね。

あとは腹八分は細胞の若返りや生活習慣病や動脈硬化の抑制にも大きな効果があるようです。

こんなに素晴らしい効果があるのであれば、腹八分でいけそうですよね。

というわけで、ずっと元気でいるためには食事を見直すことも必要です。

まずは何を食べているのかノートに書き出してみましょう。あなたが毎日食べているものを確認します。

そして、いきなり3つは無理なら、1つから初めてみましょう!

あなたは何から始めますか?

私は腹八分かな?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

新しいレッスン情報やココロとカラダのプラス情報はこちらから

友だち追加

LINE ID→@kazumigustare

登録していただきましたらスタンプを送信してください。また、トークは1対1talkですのでご安心くださいね。ご質問やお問い合わせはこちらからどうぞ。よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【Bokwa】上手に使おうテーピング

  2. 【痩せにくいあなたへ】代謝を上げて痩せやすい身体をつくろう

  3. 失敗を乗り越えて自分を高める6つのステップ

  4. 【インストラクターとしてのお客様の対応を考える】

  5. 【ピラティスで便秘を解消する方法】

  6. 【ダイエット】痩せない人の2つの特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。