【本物ってなんだ?】木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美のブログ

こんにちは。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

バブル世代の私はブランドものが好き。

バブル世代あるあるだと思います(笑)

でも、10歳ぐらい離れた世代からすると、価値観が違います。

そんな世代の友人が「ヴィトンが好き」な私に言いました。

「ヴィトンって所詮、塩ビじゃん。どこがいいのか全然わかんない。興味無いし、本皮の方が素材はいいよね」

きついけど、当たってる(苦笑)

確かにそうなんですよね。

それで本物ってなんだろう?

って思ったのです。

なので今日はこの話題。

本物って何??

ざっくりしてます。

さぁ、どこから進めましょうか(苦笑)

タイトルが幅広すぎる。

本物の意味とは?

にせものや作りものでない、本当のもの。また、本当のこと。「本物の真珠」「本物の情報」

見せかけでなく実質を備えていること。本格的であること。「彼の技量は本物だ」

(goo辞書より抜粋)

そもそも、こんなことを考えたきっかけはブランドものからきています。

なので、ブランドバッグやお財布の素材で考えます。

塩ビとは塩化ビニールのことですよね。

ですから、ここで本物っていうのは本革のことだと私は思いました。

そうか、本革か〜ふむふむ。

ボロボロのキーケース

ずっと使っていたCOACHのキーケース。

結構使っていたのでボロボロ。

使っていて、小銭が入るといいのにとか、免許証やカードが入るといいのに。っていう希望がありました。

でも既製品なのでこんなもんだと思っていました。

新しいキーケースが欲しくてヴィトンのサイトを見ていました。

沢山あるけど、私の希望するようなキーケースはありません。

で、先程の友人の言葉が頭にふっと浮かんだんです。

ちょっと待って。

だったら私が欲しい、使いたいキーケースをオーダーすればいいんだ!

もう、なんでこれが思いつかなかったのかなぁ〜

本革のキーケース オーダーで検索

出てきましたよ。

手作りのサイトって結構あるんですね。

いくつか見て見ました。

沢山ありますが、私の希望するものは少ないようです。

1.小銭が入る

2.カードや免許証が入る

3.シンプルな作り

4.本革

この4つを兼ね備えているものを探します。

あちこち探して

ありました!

見つけました!

しかも、皮の色といとの色が選べます。

すばらしい!

世の中のどこかには、私と同じ感性の人がいるんですね。

妥協せずに私の希望が全て形になっているキーケースがこの世にあるんです。

直ぐに注文しました。

注文してからの製作なので、少々お時間かかります。

直ぐに欲しいけど、我慢です。

待つこと3週間。

やっと手元に届きました。

送料無料、税込で6900円。

本革のキーケースです。

コンパクトですが、小銭もカードも入ります。

大きなお財布不要です。

頭に思い描いていたものが現実になりました。

本革はとても良い

私の欲しいキーケースですから、もちろん使い勝手も良いです。

本革に加工がしてあるので、多少手が濡れていてもOK。皮にシミがつくなどの影響はありません。

素材は申し分のないものです。

コストもブランドものの3分の1以下。

俗に言うコスパも最高です(笑)

結論、全てが良い。

本物、サイコー\(^o^)/

小さなバッグもオーダー

キーケースで味をしめた私。

調子に乗って、お財布やスマホ、キーケースが入る小さなバッグもオーダーしました。

キーケースのお店とは違うお店です。

形は決まっていますが、手作りで20色のカラーバリエーションからバッグになる本革の好きな色を選べます。

こちらはオーダーしてから出来上がりまで1ヶ月ほどかかりました。

ピンクですけど、何か?(笑)

肩紐がついているのでポシェットにもなりますし、クラッチバッグのようにも使えます。

こちらは柔らかい皮でできています。扱いやすく使い勝手が良いものです。

本革、サイコー\(^o^)/

悟らせてくれた友人に感謝

何気ない友人の言葉がなかったら、きっと私はヴィトンのキーケースを買っていたでしょう。

で、小銭が入るといいな。などと使い勝手に文句を言っていたはず。

この友人に感謝です。

だって、ものの価値観が変わったのですから。

私が本革を持ち始めると、面白いことに周りの方も本我に興味を持ってくれるようになりました。

持っていると、結構反応があるんです。

不思議!

娘は私に完璧に影響されていて(爆笑)

面白すぎます。

私の仕事に置き換えて、本物を考える

私の仕事はフィットネスのレッスンをすることです。

それは、ピラティスだったり、ZUMBAやBokwaだったり、スタンダードなエアロビクスだっりいろいろです。

そこで本物の意味の2番目

見せかけでなく実質を備えていること。本格的であること。

「彼女のレッスンは本物だ」

なんて感じになりますね。

「本物のレッスン」

私の理想のレッスンは、参加してくださる方全員が満足していただけるレッスンです。

そんなレッスンを目指して日々模索しています。

毎日のレッスンで、うまくいくときもあれば、クレームをいただくこともあります。

20年もやっていますが、日々勉強。そして日々アウトプット。

この繰り返しです。

今の私の理想はレッスンに参加してくださる方を全員満足していただくことです。この理想の状態も年々変化していきます。

ですから、ずっと模索して模索して模索し続けるのかな?なんて思ったりして。

エンドレスのテーマのような気がします。終わりがないってやつですね。

でも、友人の言葉がきっかけで、本物について色々考えることが出来ました。

友人に感謝ですね。

あなたの本物は何ですか?

ざっくりし過ぎか~。

うーん。

あなたの考える本物のレッスンってなんですか?

ZUMBAでも、ピラティスでもなんでもいいです。

思ったことを教えてください。

私のより良いレッスンのヒントになりそう。

よろしくお願いいたします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

心と身体のプチ情報やアンチエイジングの情報などを配信しています。LINE@登録こちらから!

友だち追加

登録されましたらスタンプを送信してください。また、トークは1対1トークとなりますのでご安心ください。お問い合わせやご質問はこちらからどうぞ。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください