【ピラティスで便秘を解消する方法】

こんにちは。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

今日もあなたがきれいになる情報をお届けします。

女子は便秘で悩んでいる方、多いですね。

私は毎日快腸ですが、たまに出ないとすごく気になります。脳内思考がうんこのことばかりになります。(笑)やはり、出るものはきちんと出したいですね。

便秘って、腸のぜんどう運動が低下するために起こる現象です。ぜんどう運動は腸の伸縮運動です。伸びたり縮んだりすることですね。この伸縮運動、腹筋と深い関係があります。腹筋が弱く、ぜんどう運動がスムーズにできないと水分をたくさんとっていても便秘になるんですよ!

知ってました?

ですから、腹筋を刺激するのがたくさんある便秘解消の一つの方法です。お腹周りを伸ばしたり、腹筋の運動で朝を刺激して便秘解消していきましょう!

ピラティスの腹筋でスムーズに排泄できたら、立派なデトックスになりますね。

ピラティスでお腹まわりを伸ばそう

〇マーメイドストレッチ

1.両足を揃えて左右どちらでもいいので折り曲げます。

手をまっすぐ天井に。

2.息を吐きながら指先を上に伸ばして3~5秒キープ。

3.両手を肩の高さでキープして伸ばす。

4.先程伸ばした方の肘をマットにつけ、反対の体側を伸ばす。起き上がり1~4を繰り返す。

5.これを2.3セット行ったら、足を変え反対も同様に行う。

ぜんどう運動が弱くお腹の動きが悪い方は、お腹もガチガチに固まっています。マーメイドストレッチでお腹を伸ばす、お腹が伸びていることを感じながら行うと、さらに効果的なエクササイズになります。

ピラティスの腹筋で腸を刺激しよう

〇クリスクロス

1.マットにあお向けになり肘と膝が近づくように、身体をひねる。呼吸は自然に。

2.できるだけゆっくり身体をひねって行う。左右交互に5回を1セット。2.3セット行う。

反動は使わずにゆっくり確実にとりくみましょう。ゆっくりひねることで腸への刺激につながります。

いかがですか?今からすぐに始められるものをピックアップしました。便秘の気になるあなたは是非行ってください。1人では難しいと感じるあなたはパーソナルで!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

友だち追加

LINE ID→@kazumigustare

登録されましたらスタンプをお願いいたします。また、トークは1対1トークです。第三者に知られることはありませんのでご安心ください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

関連記事

  1. 【WAYLLYって便利】自撮りさんの必須アイテム

  2. 【W杯日本チーム引き分け大健闘】

  3. 【ZUMBAのあと寒い夜は湯船に入ろう】湯船に入るメリットと…

  4. 【ピラティスで質の良い睡眠へ導く呼吸法】

  5. 【冷え性のあなた】身体を温める飲み物 その3

  6. 【ダイエット】痩せない人の2つの特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。