【ピラティスがランナーに必要な軸や重心をつくる】

こんにちは。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

ピラティスでランナーに必要な軸と重心を作る

ランナーが効率よく走るために大切なポイントは、体の「軸」と「重心」です。

この2つが正しい位置にあるかないかで、パフォーマンスが変わります。またどれだけ自在にコントロールできるかどうかは個人の経験と能力に影響します。

ピラティスはそれら2つを、呼吸とコントロール、集中力で整えていくエクササイズです。

自分の体の奥のインナーマッスルの動かし方を知ると、ランニング中の足腰にかかる負担のバランスが良くなります。ですから故障もしにくくなります。体幹や股関節の動きが安定するので、スピードアップやトレイルランニングなどの不整地でランニングにも効果があります。

どのスポーツもそうですが、しっかり動ける身体を作るのはとても大切なことです。ここでは、ピラティスインストラクターの立場からお話させていただきます。

ランナーが知るべきピラティスの効果

1. 体幹が安定→スピードアップ

2. 軸が強くなり回旋動作の能力向上→腕振り、股関節の動きが上手になる

3. 神経伝達能力の向上→トレイルランニングなどの不整地やスピードアップ時の体のブレに対応

4. 呼吸の同調→集中力アップ、苦しい時にも酸素をしっかり取り込む力がつく

などの効果があります。あなたの足りないものはなんですか?これら全てをお持ちならば、ピラティスをする必要はありません。しかし、ひとつでもかけるものがあれば、ピラティスをすることをおすすめします。

まずは軸!立ち姿を整えよう

正しい姿勢とは、「背中をピン!」とするだけではなく、体の軸を足元からしっかり安定させるのがポイントです。

軸のある立ち姿になるには、ここをチェック!

  • 頭の重心をかかとと土踏まずの間に乗せ、呼吸がしやすい位置を保つ
  • 目線はいつもより2cmあげる
  • 背中とお腹を引き上げ、バストトップを引き上げる意識

上記の3ポイントを意識しながら、「足の裏で地面を踏みしめて立つ事」が重要です。グランディングというものです。

まずは立ち姿から意識していきましょう。毎日コツコツ続けていけば無意識のうちに正しい姿勢をキープできるようになります。そうすればおのずと「軸」や「重心」も整っていきます。

えっ?こんなこと?なんて思わないでくださいね。無意識のうちに正しい姿勢をキープできるようになると、インナーマッスルもしっかり使えるようになります。それが効率よく走るポイントにつながるのです。

まずはここからスタート。もっとはやく体の「軸」や「重心」を手に入れたい方は、ピラティスエクササイズをしましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

もっと知りたい!とかレッスンに興味が出てきたあなたはぜひ登録をお願いいたします。

友だち追加

LINE ID→@kazumigustare

 

関連記事

  1. 口にするもので身体は出来ています

  2. 【ストレッチーズ&ピラティス教室 お客様の声】

  3. 【いつもの生活にピラティスをプラスする3つの方法】

  4. 【50歳からの筋トレ】木更津のフィットネスインストラクター稲…

  5. 【ストレッチーズを開発したキンバリーのレッスン受けてきました…

  6. いつも感動してしまう【かゆいところに手が届く神対応】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。