【ピラティスで前傾の骨盤=反り腰なおりますか?】木更津のピラティスインストラクター稲葉和美のブログ

おはようございます。

木更津のピラティスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

私は仕事柄、毎日いろんな方にお会いします。そこで、毎日いろんな質問をされます。なかでも、今日はピラティスで前傾の骨盤、俗に言う【反り腰】の骨盤が良くなるのかについてお話します。女性は以外に【反り腰】の方多いんですよね。

【ピラティスで前傾の骨盤=反り腰なおりますか?】

 

ピラティスというエクササイズは、骨盤の安定を基本としています。

前傾している骨盤であっても、ピラティスのエクササイズによって正常な位置に戻すことが期待できます。 前傾の骨盤は下の図のとおり。俗に言う【反り腰】です。

正常な位置というのは、ピラティスにおいてはニュートラルな位置と表現されており、いわゆる前にも後ろにも傾かない中間位を指します。

日常生活の習慣や職種によってどうしても体は傾き、歪んでしまいます。

骨盤が傾いてしまうとそれに伴って内臓の位置が正常な位置からずれてしまうので、内臓機能の低下も心配されます。

そこで、ピラティスの骨盤の位置を戻すというエクササイズのアプローチは、体のバランスだけでなく内臓の機能を向上させ、基礎代謝を上げることも期待できるとされているのです。

1.ピラティスはリハビリの現場で活躍している

 

ピラティスは従軍看護師であったジョセフ・ピラティスによって開発されたエクササイズです。

従軍看護師として負傷兵のリハビリにも携わってきた彼は、負傷して体の動きが制限されてしまっている中でも行う事の出来るエクササイズとしてピラティスを考案し、発展させてきました。

創始者のジョセフ・ピラティスは体の健康だけでなく、自分の精神もコントロールする事で幸福な人生を送るための学問として提唱しており、その効果は世界中の多くの人たちに認められています。ピラティスが作った造語【コントロロジー】はピラティス愛好者の中では有名な言葉です。

エクササイズと言うと難しい動きなどを連想する方も多くいる中、ピラティスは非常に簡単な動きでありながら、胸式呼吸を取り入れることによって体を鍛えることができるエクササイズとして知られています。

基本的な効果としては、体幹、四肢の筋力強化、柔軟性、筋力の維持などが挙げられています。

エクササイズに不慣れな初心者でも十分に行うことができるほど簡単なものもある一方、経験のある上級者であっても物足りなさを感じない様々な手法が開発されています。

元々はリハビリが目的だっただけにリハビリに取り入れている医療機関も多く、大幅にリハビリ時間を短縮したり代謝の向上などの効果を認める人々は少なくありません。

2.呼吸法と骨盤の関係

 

ピラティスにおいて非常に重要な役割を果たすのが呼吸法です。

ピラティスの呼吸法とは、ヨガなどで用いられる腹式呼吸ではなく、胸式呼吸というものです。

腹式呼吸が体をリラックスさせることを目的としている事に対し、胸式呼吸は筋肉を緊張させることを目的としています。

具体的には息を吸う時に胸を膨らませて、吐く時に胸を縮める方法なのですが、この呼吸のときに腹筋にしっかりと力を入れておくことがポイントです。

この呼吸法によって、腹横筋が刺激されます。

腹横筋とは骨盤の周りに帯のように位置している筋肉で、この筋肉が弱いと正常な骨盤の位置を保てません。

そのため、胸式呼吸で腹横筋を刺激し筋力の向上を図ることは、骨盤の矯正と、正常な位置でのキープに大いに寄与するとされています。

呼吸法によって筋肉を刺激できるために、怪我や体調不良でしばらくの間安静にしていなければならない場合でも、筋力の維持や強化を期待する事が出来るのはピラティスの大きな魅力と言えるでしょう。

3.骨盤が前傾しているかどうかをチェックするには

 

自分の骨盤が前に傾いているのかを判断は、簡単なチェックで可能です。

まずは仰向けに横になります。

そして、腰の位置に手のひらが入るかを試してみましょう。

もしも簡単に手が腰の下に入ってしまうなら、骨盤は前傾していると言えるでしょう。

もし、腰がニュートラルの位置にあるのなら、手のひらがぎりぎり入るくらいのスペースしかありません。

ピラティスのエクササイズは、このニュートラルの位置に骨盤を安定させることを重要視しています。

実はこのニュートラルな位置は、非常に不安定なため、この位置に骨盤を保つためにはインナーマッスルの強化が不可欠なのです。

インナーマッスルは骨盤の矯正を始めとして、体全体の歪みを解消するために鍛えることが求められます。

とはいえ、普通のエクササイズではなかなか鍛えるのが難しく、表面の目立つ筋肉だけが鍛えられてしまいます。

ピラティスは骨盤周辺の筋肉を刺激する事によって効率よくインナーマッスルを鍛えることができるとされており、多くのアスリートに支持されているのです。

4.(まとめ)ピラティスで前傾している骨盤=反り腰はなおりますか?

 

1.ピラティスで前傾している骨盤=反り腰はなおります。

ピラティスは常に骨盤の位置を意識したエクササイズです。

日頃の生活スタイルによって歪んでしまった骨盤を、正常な位置に戻すために有効とされています。

前傾している骨盤も、ピラティスによって改善する事が期待できるのです。

2.ピラティスはリハビリの現場で活躍しています。

ピラティスはリハビリのために発展してきたエクササイズです。

その効果は高く評価されており、筋力アップだけでなく体全体の機能の向上などにも効果があるとされています。

3.呼吸法と骨盤の関係

ピラティスの呼吸法は、筋肉を緊張させることを目的としています。

鍛えにくい筋肉でも、呼吸によって刺激を与え強化する事ができるとされており、骨盤周辺の重要なインナーマッスルへのアプローチはピラティスならではの魅力と言えるでしょう。

4.骨盤が前傾しているかどうかをチェックするには

骨盤が前傾しているかどうかは簡単なチェックで調べることができます。

ニュートラルな位置にキープする事は簡単ではありませんが、ピラティスのエクササイズによって徐々に改善する事が期待できます。

 

実は私も【反り腰】でした。ピラティスで随分姿勢が改善されてよくなりました。【反り腰】の方はお尻がプリっとしていると思われがちですが、腰が反っていますから身体に負担のかかっている状態です。

長い時間かけてできた【反り腰】の癖はすぐにはなおりません。時間をかけてじっくり向き合っていただければあなたの身体は確実に良くなります。

 

いろんな効果のあるピラティス。やってみたい!って思うあなたはこちらを登録してくださいね????

友だち追加

LINE ID→@kazumigustare

今後、イベントレッスンや新しいクラスなどの情報を発信していきますので「友達」のご登録よろしくお願いします。

ご登録いただけました方は、一言メッセージをいただけますとどなたが登録してくださったのか確認ができるようになります。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください