【ZUMBAで脂肪燃焼、酒粕を使った料理がわからないあなたへ】

おはようございます!

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

私は木更津や君津でZUMBAやBokwa、ピラティスのレッスンをさせていただいてます。

 

昨日のblogで酒粕の効果をお伝えしました

何度もブログで言ってますが、私は料理が大嫌いなんです。でも、身体のため健康のために料理を作っています。きらいだけど、どうせ作るなら簡単に栄養がとれるものがいい!と欲張りなことを考えます。

今日は飲むだけではなく、酒粕はいろんな料理にも使えるのでどんな働きがあるのか少しご紹介します!

料理のレパートリーが広がる、酒粕は調味料としても優秀だった!

酒粕をどう料理に使うか?甘酒や粕汁位しか料理に使う方法が思いつかない・・・

私もはじめはそうでした。

そんな方に是非知って欲しい酒粕の使い方。実は調味料としてもとても優秀なんです。
作り置きもでき、冷凍保存も可能なので、忙しいあなたの味方でもある酒粕。上手に使いこなす方法をマスターして食生活に活かしてください。

 

1.発酵の力でうまみと風味がいっぱい 

 

酒粕には発酵過程で生まれるアミノ酸が豊富です。
アミノ酸は近年、和食においてのうまみの「もと」として注目されている成分です。
また、酒粕には酵母菌が億単位で含まれており、この酵母にもアミノ酸が含まれ、さらなるうまみ成分が含まれているのです。

このアミノ酸はかつお節のイノシン酸や昆布のグルタミン酸、キノコ類に含まれるグアニル酸などの天然のだし素材と組み合わせることで「うまみの相乗効果」が得られ、うまみが格段にアップします。食事の際のお味噌汁にスプーン1杯加えることで健康効果だけでなくうまみも増え、手軽に取り入れることができます。

2.酵素の宝庫。その数なんと100種類以上!

 

酒粕にはわかっているだけで酵素の種類が100種類以上含まれていることがわかっています。
その中には消化酵素や代謝酵素、食物酵素など多岐にわたります。

酵素はできるだけ食べ物から補うことが理想とされており、発酵食が体によいとされている理由の一つでもあります。
ただ、その力を有効に得るためには加熱しすぎないことが重要となります。
酵素は熱変性に弱いため、なるべく生で摂取することが理想的といえます。そのためには、野菜と組み合わせたあえ物や、スムージーなどのドリンクで摂取するとよいでしょう。

3.保存性が増す

 

発酵食の大きな特徴として「保存性が増す」という事があります。

酒粕も例外ではなく、酒粕自体が生きた発酵食品なので密閉保存し、状態が良ければ何年でも保存することができます。酒粕には多くの有益な微生物が働き、雑菌の繁殖を防いでくれます。従って食材を合わせておくことで保存性が格段にアップします。

4.植物性食材と相性抜群!

アレルギー対応の食材にも最適。

 

酒粕は植物性食材とも相性が良く、調味料としても活躍します。たとえば、通常ホワイトソースを作るのには小麦粉を使用しますが、小麦粉の代用として米粉と酒粕、牛乳の代用として豆乳を組み合わせば、バターも牛乳も使用しない、ローカロリーでヘルシーなホワイトソースを作ることができます。
また、酒粕をオーブンで焼く事でチーズのような風味になることから、粉チーズの代用としてもよく使われています。

〇酒粕ホワイトソースの作り方

材料
酒粕 大さじ2強
無調整豆乳 550cc
玄米粉または米粉 90g
塩 小さじ2
ニンニク(みじん切り) 1片
玉ねぎ(スライス) 1個
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
コショウ(粗挽き) 適宜

作り方 

フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ、ゆっくり炒める。香りが出たら玉ねぎを入れ、半透明状にしんなりするまで炒める。米粉を加えよく混ぜ全体がまとまってきたら少量ずつ豆乳を加えとろみがつくように伸ばす。ふつふつとしてきたら酒粕を加えさらになじませ、火をとめ、最後にコショウを加える。

このホワイトソースをベースに応用できるメニュー

・パスタソース(ホワイトーソース大さじ5、炒めたお好みのキノコ類に合わせ塩、コショウ、醤油などで味をととのえます)
・シチューのルー(だし汁に豆や芋類などの根菜とホワイトソース大さじ6、味噌大さじ1、塩コショウで整えます)
※塩の代わりに塩糀を使うとよりうまみが増します。その場合、塩の倍量入れるようにしてください。

5.実は今が酒粕の旬!酒粕の入手方法と保存方法。

 

酒粕はスーパーなどで年間を通して購入することが可能ですが、新酒が出回る1月から4月がもっとも旬な時期です。
さまざまな種類のお酒の新鮮な酒蔵の酒粕は、是非この時期に入手しましょう。
安定した製造をしている種類のお酒ですと酒蔵によってはネット販売もしておりますので年間を通して購入することが可能です。

酒粕にはいくつか種類があります。
薄い四角い板状の「板粕」、ペースト状でパックの容器に入ったもの、どちらも効果に違いはありませんが、お酒の搾り方やお酒の種類の違いにより異なります。
蔵元によっても味や値段が異なりますのでお好みのものを探すのも楽しみのひとつといえます。

酒粕を購入したら賞味期限内に使いきることが大切ですが、それ以上保存することも可能です。
その場合、空気が入らない密閉袋に入れ、冷凍保存すれば1年ほどは保存することができます。
表面に白い粉状のものが出来る場合がありますが、これはアミノ酸の結晶成分である「チロシン」というタケノコを茹でたときにでてくるものと同じですので心配ありません。

かつては産業廃棄物として捨てられていた酒粕も、紐解いてみればこんなにも沢山のメリットがあることがおわかりいただけたでしょうか。
安価で簡単に手にいれることができるうえに、何よりも安心できる素材というのは、選択する上で大きな要素となります。
酒粕をはじめとした発酵食品は体によいとされていますが、薬ではありません。

ここであげた効果は、少しずつでも継続して摂取すること、使い続けることで得られると考えて頂きたいと思います。
古くから伝わるものには理由があります。

古人が大切につなげてくれた伝統食はそんな意味でも来世に向け、つないでいきたいものです。

 

個人的にはホワイトソース、煮物や味噌汁に入れることが多いです。

身体に良い効果がたくさんあるので、上手につかってくださいね。

で、運動は私のレッスンかな?

明日は日曜サークルです????

よろしくお願いいたします┏○ペコ

 

〇 日曜サークル

3月4.11-18.25日 11:00:12:00

エアロビクス

宮下スポーツクラブ

 

レッスン情報などはこちらを登録してくださいね。

友だち追加

LINE→@kazumigustareで検索できます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください