【体調が悪くなるとすぐに病院へ行ってしまうあなたへ】木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美のブログ

おはようございます。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

私は木更津や君津でZUMBAやBokwa、ピラティスのレッスンをさせていただいてます。

 

【体調が悪くなるとすぐに病院へ行ってしまうあなたへ】

 

日頃から元気に過ごせるような生活習慣を身につければ、毎日元気に過ごせますよね。
というわけで、今日は心身共に健康でいられるような、日常生活を送る上で心がけたいポイントを紹介します。

身体の健康管理のためのポイント

体調が悪いにも関わらず無理をしても、思うように物事を進めることは難しいですよね。それだけでなく、集中力を欠いた状態になっているために作業をしたとしても重大なミスにつながりかねません。まずは身体を整えておく必要があります。
風邪などは誰でもひく可能性がありますが、しっかりした身体があればすぐに治すことが出来ますよ。

 

1.睡眠をしっかりとる

質のいい睡眠をとると、疲れがとれ翌日の体調が良くなることを実感する人は多いでしょう。それだけでなく、集中力も増して日中のパフォーマンスはぐっと向上します。質の良い睡眠をとるにはどうすればいいのでしょうか。

①睡眠不足によって起きる主なトラブル

〇血行不良・体のこり

睡眠不足によって全身の血行が悪くなり、目の下のクマや肩こりなどの原因になります。体が重い・痛いなど不快を感じ、特に冬場は体温が下がるため益々その傾向は現れます。

○肌荒れ

肌は寝ている間に再生すると言われ、睡眠不足は肌荒れに直結しています。特に女性はメイクを落とさずに寝てしまうなんてとんでもない。毛穴を皮脂や汚れで塞いだまま眠ることになり最悪の環境になってしまいます。

②質の良い睡眠をとるには

○睡眠サイクルを考えてみる

ぐっすり寝た、と感じる時間の長さは人によってかなり差があります。睡眠は深い眠りのレム睡眠と浅い眠りノンレム睡眠があり、寝ている間にこの2つが交互に繰り返されています。このサイクルが1セット約90分であるとされていることをご存知の方も多いかもしれません。90分が目覚めるまでに大体3セット~6セットくり返されるため、きりの良い4.5時間、6時間、7.5時間、9時間で目覚めるとすっきりすると言われています。これは夜勤など不規則勤務の方でも実践できますので是非やってみてください。

○睡眠する環境を整える 

寝る時はなるべく暗く、静かな状態であることが望ましいです。スマホやパソコンのブルーライトは寝る30分前までに見ないようにする寝つきが良くなります。眠くなるまでついついスマホ片手に…とやりがちですが、目にも悪いので控えるようにしましょう。

2.栄養をしっかりとる 

 

残業続きでついついコンビニ弁当ばかり、お客様周りでお昼を食べる暇もない。歓送迎会や忘年会・新年会続きでビールと飲み屋のおつまみばかり…。食事の栄養バランスが偏っていませんか?

①栄養不足によって起きる主なトラブル

○肌荒れ

ビタミンが不足すると肌荒れの原因となります。主にビタミン不足によって起こりますが、ビタミンは野菜や果物に多く含まれていますが、コンビニの食事や宴会料理で野菜はついつい不足しがちなものです。睡眠不足と相まって疲れのバロメーターの一つとなるでしょう。

○消化器官の不調

偏った食事や睡眠不足は消化器官の不調を招きます。不規則な生活が続いて便秘や下痢気味になったことはありませんか?副交感神経が働くことで消化が行われますので、ゆっくり身体が休まる暇がないとこういった不調の原因にもなります。

○極端な体重の増減

食事の時間がなく携帯食品ばかり食べている、また飲み会で炭水化物、脂肪、塩分の取り過ぎが続いている。食べる量が少なければ痩せてきますが、美しく痩せることは出来ず体力も落ちてしまいます。夜遅い時間の暴飲暴食は太りやすく、一度身についてしまうと生活習慣病にかかりやすくもなってしまうのです。

②手軽に足りない栄養を取るには

コンビニ食や外食が続いても、ポイントを押さえるだけでぐっと栄養バランスがとれた食事に近付けます。

○野菜を食べるようにする

コンビニではカット野菜を買う、外食ではサラダを注文するなどして野菜を意識的に取るようにします。
野菜とはちょっと違いますが、個人的に、疲れ知らずの体を作るには『黒ニンニク』がおすすめです。

○丼ものは避けて定食を選ぶ

丼ものはご飯の量も多く、一つの器で食事が完結するので早食いの原因になりやすいのです。外ランチの時はなるべくおかず・汁物・小鉢など品数が多いものを選ぶと自然と栄養バランスがとれてきます。

○炭水化物同士の組み合わせは避ける

コンビニでおにぎり+カップラーメン、ラーメンチャーハン定食などは炭水化物と脂質がほとんどで全くバランスが取れません。せめて野菜を使った料理を一品置き換えるか足すようにしましょう。

3.続けられる運動をする

無理のない運動をしましょう。運動習慣がなければウォーキングから。またはストレッチやヨガ、ピラティスなどマット系の運動、軽めの運動を続けるだけで体調の改善、生活習慣病の改善と予防に繋がります。

いかがですか?まずは基本の生活を見直すと体調が改善されます。そうすると、病院へ行く回数も減ります。

身体を変えたいあなた!

一緒に運動しましょう!

 

最後までお付き合いいただき ありがとうございました。

レッスン情報などはこちらを登録してくださいね。

友だち追加

@gustarekazumiで検索できます。

 

 

 

関連記事

  1. 失敗を乗り越えて自分を高める6つのステップ

  2. 【西城秀樹さんの訃報から学ぶ脳梗塞を防ぐ10か条】

  3. 痩せるために食べる 乳製品編

  4. 【満月に心と身体をととのえる方法】

  5. 糖質の多い食品と少ない食品

  6. 【大阪でzumba&bokwa&ヨガ】木更津のフィットネスイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。