どこから手をつけていいのかわからないなたへ【頭の中を片付ける方法】

おはようございます。

木更津のフィットネスインストラクター稲葉和美です。私のブログをご覧いただきありがとうございます。

私は木更津や君津でZUMBA、Bokwa、ピラティスのレッスンをさせていただいてます。

今日は

【頭の中を片付ける方法】

です。

私はいろんな種類のレッスンをしています。ですから、レッスンの情報も多岐に渡り頭の中がグチャグチャになります。結構、そんな状況になります。頭の中に色々なものが散らかっていると、気が散るし、集中もできないし、仕事もはかどりません。
つまり、頭の中を片付けるのです。
「頭の中を片付けるだって?」と思うかもしれませんが、実際にこれから紹介するエクササイズをやれば、本当に頭の中が片付いて、次に何をしたらいいのか、何をすべきなのかがはっきり分かります。ネットでこの方法を見つけた時は半信半疑だったのですが、実際にやってみてとても良かったんです。では、その方法をご紹介しますね。

 

1.紙に書く

紙を用意して、心配事をすべて書いてみます。
寝る前に不安になること。朝起きて心配すること。頭の中のことをすべて書き出します。心配事や不安に思っていることの長いリストを作ってください。
出てこなくなるまで書き続けるのです。実際、私はびっくりするほど様々なことを考えているのがわかりました。

2.いらないものにバツをつける

今書いたリストで、コントロール外のものにバツをつけてください。
あなたがコントロールできる範囲の外のものです。実は、人生で最もエネルギーを吸い取るものは、自分ではコントロールできないことについて心配したり、直そうとしたりすることなのです。
私がコントロールできることと、コントロールできないことを把握することで、精神的なエネルギーや考える力を無駄にせずに済むのです。

3.バツをつけたものを手放す

リストでバツがついているものを手放し放していきます。
その際、自分にこう言い聞かせます。
「これは手放せるだろうか?うん、これ以上追求しない」
手放すと意識をすることが重要です。これはあなたの感情に影響を与えるエクササイズだからです。
例えば、世の中の不幸なワンちゃんを全て救えることができるだろうか。自分に「これは私がコントロールできることだろうか」と問いかけます。そして、コントロールできないのなら「よし、これはこれ以上追求しない!」と自分に言い聞かせます。
その時、意識してその問題を手放す瞬間の感情に注意してください。
自分がコントロールできないものは手放して、コントロールできることに集中すること。
そうすれば頭の中が片付くことがわかるはずです。さらに、余計なことに対して無駄なエネルギーを使う必要がなくなるので仕事の効率が上がります。

自分のコントロール出来ることだけを考える

シンプルですが、すごく大切なことです。

私はこうすることで、頭の中が整理されて次に何をするとてきぱき動けるのかがわかるようになりました。レッスンを考える時も以前より時短できるようになり、時間を有効に使えるようになりました。「時は金なり」ですからね。

働くママさんは家事や育児やお仕事と、毎日忙しいと思います。頭が混乱したときはやってみてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

今日は硬いこと書きましたけど、レッスンは楽しくやってます。レッスンを受けようかな?と思っているあなた、こちらに登録していただけると特典あります🎶友だち追加

LINE→Gustareグスターレで検索できます。

 

 

関連記事

  1. 【衝撃】睡眠時間は6時間でも短い!

  2. 【ピラティス】グループクラスとパーソナルクラスの違い

  3. 【西城秀樹さんの訃報から学ぶ脳梗塞を防ぐ10か条】

  4. お腹と内ももが気になるあなたへ【足パカをやってみよう】

  5. 痩せるために食べる、大豆と大豆製品

  6. 痩せている人にあって、太っている人にないもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。