【ZUMBAのあと寒い夜は湯船に入ろう】湯船に入るメリットとは?

こんばんは。

木更津でZUMBA、Bokwa、ピラティスのレッスンをさせていただいてます。

フィットネスインストラクターの稲葉和美です。

私のブログを見ていただきありがとうございます。

 

毎日寒いので、私は身体を温めるために

毎日湯船に入ります。

で、湯船に入ったらどんなメリットがあるのか

まとめました。

 

【湯船に入るメリットとは?】

1.温熱効果
2.浮力効果
3.水圧効果
4.リラックス効果
5.冷え対策効果
6.睡眠効果
7.浄化効果

などがあります。

細かく説明していきますね。

1.温熱効果

まず、体を温めることで、
新陳代謝が促されます、つまり、
体の再生を助けてくれるんです。

古い角質も落ちやすくなるので、
くすみも落ちやすくなったり、
シミ・シワの予防にもなります。

もちろん、老け顔防止に効果的です!

2.浮力効果

日頃、重力に慣れていますが、
お風呂では、普段の約1/9まで、
体重を感じなくなります。

重力から解放されることで、
足腰、背骨、首などの負担が軽くなります。

 

3.水圧効果

浮力とは逆に、今度は水圧がかかります。

足の血液は、心臓まで戻ってくるのに、
時間がかかります。

日頃、立ちっぱなしでしたら、
夕方になると、なかなか上まで上がらずに、
溜まってしまって、しまいにむくんでしまいますよね。

でも!

水圧の力を使えば、何もしなくても、
足の血液に圧がかかって、上に上がってくるんです!

血液の流れも良くなって、
むくみも解消されやすくなります(*´∀`)

4.リラックス効果

温かいお風呂に、身を包むことで、
リラックス効果があります。

体に対して、リラックス効果があることは、
上記にあげてきたとおりですが、
心への疲れ(ストレス)に対しても、
リラックス効果が期待できます。

アロマオイルを垂らしたり、
目をつむって瞑想すると、
深いリラックス効果が得られるので、
めっちゃオススメです!

5.冷え対策効果

先ほどの温熱効果にも当てはまりますが、
冷えを改善してくれます。

最近では、冷えが万病のもと、
とよく聞いたりしますよね。

自分では、冷えていない、

と思っていても、心臓から遠い足先は、
脇で測る体温と比べると、10度以上も差があることも!

特に女性は、子宮が冷えると、

不妊症になりやすい
イライラしやすい
生理痛が重い
更年期の症状が出やすい

とザッとあげただけでも、
避けたい言葉ばっかりで、
いいことは、一個も出てきません(-ω-;)

ちなみに、全身温まった後は、
浴槽に腰掛けて、足湯をすると、
足が、より温められるので、
心臓との温度差を減らすことができますよ!

6.睡眠効果

心身ともにリラックスできれば、
睡眠の質も、かなりアップします!

睡眠の質が良ければ、
肌の修復など、美容にもいいですしね(*≧ω≦)

よく眠れないことの原因の一つに、
体の緊張があります。

一つの要因がなくなるだけでも、
かなり、睡眠の効果は期待できます。

 

7.浄化効果

シャワーでは、汗を流すぐらいですが、
お風呂に浸かって、内側から汗を出すと、
毛穴の中の汚れを、汗とともに外へ出すことができます。

食べたものの油など、
内に溜まった汚れと、

目に見えないような埃やゴミ、
タバコの煙や、なんやかんや、
外から、毛穴に入った汚れですね。

さらに言えば、こっから信じなくてもいいですが、

イライラしている人と一緒にいると、
イライラが移った、とか、

ブルーな人と話していると、
いつの間にかブルーな気分になっていた、

とかって経験ないですか?

人の想念(氣)は、うつりやすいもので、
毛穴から入ってきたりするんです。

なので、

自分がイライラしているわけではなく、
イライラがうつってしまっているだけ、
ということがあります。

なるべく、そういう氣は、
次の日まで持ち越したくないですよね。

というわけで、お風呂でダラーっと、
過ごして、毛穴からも悪い氣を出す!

そして、リセットする!

 

湯船に浸かることで、女性が心身ともに、
キレイになることに、つながります!

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

レッスン情報などはこちらから 友だち追加
zGustareグスターレでも検索できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください